POSレジのメリット|コストと時間の削減になる!POSレジアプリを導入しよう
ロゴ

タブレット型のPOSレジなら低価格で導入も可能

POSレジのメリット

レジ

低価格で導入できるPOSレジ

スーパーやコンビニで導入されるようなターミナル型のPOSレジは、導入するために一台で50万円や100万円などという高い初期費用が必要になります。もっと低い価格でPOSレジを導入したいというときはタブレット型のPOSレジを検討するといいでしょう。タブレット型のPOSレジは初期費用を10万円以下に抑えることもできます。導入したあとはアプリやクラウドサービスの月額使用料が数千円程度必要です。今まで高額で導入できていなかったというところも、このタブレット型なら導入の検討ができるでしょう。

POSレジのすごいところ

アプリやクラウド型の登場で広がりを見せているPOSレジにはさまざまなメリットがあります。その1つがリアルタイムで売り上げや在庫の管理ができるという点です。クラウド上で集計や分析が行えるので、複数の店舗の状況を合わせて管理することができます。在庫がどの店舗に残っているかが知りたいというときにもリアルタイムで調べることができてとても便利でしょう。

金額の間違いを減らすことができる

POSレジは商品とその金額を事前に登録することができます。手打ちで計算しているとどうしても出てしまうミスも、このお陰で商品のボタンを押すだけですんでしまうため減らすことができるのです。レジの打ち間違いを減らすということは、誤魔化すことが簡単にはできないということです。そのため、会計での不正を防止することにも繋がります。また、レジを打つ時間の削減にもなり、業務がスピーディーになります。タブレット型の場合は、お客さんに注文ボタンを押してもらうだけで会計をすることもできます。

スペースを取らないことが利点

タブレット型のPOSレジの大きな利点が大きなスペースを取らないということです。ターミナル型の場合にはどうしてもレジ専用にある程度のスペースが必要となってしまいます。そうなるとお店が狭い場合は導入するのが難しくなります。一方、タブレット型は薄くてとてもコンパクトなので小さい店舗でも簡単に導入することができます。また、タブレットは持ち運びも可能なので、レジの外やお店の外でお会計をするという場合にも便利なのです。

タブレット型POSレジを選ぶポイント

no.1

どの業界・業種向けか

POSレジのアプリをインストールして使うタブレットは、どの業界に向けて作られているかで少し仕様が変わってきます。自分がどんな業種のお店を開くのかを考えて、それに合う方を選ぶといいでしょう。タブレット型POSレジは大きくわけると次の2つにわけることができます。
・飲食店向け
飲食店用なので、来客の予約を受け付ける機能や、座席を移動した場合の機能、複数のテーブルの会計を一緒にする機能などを選ぶことができます。
・小売店向け
小売店向けでは、仕入れや在庫の管理、顧客の管理、表示言語を外国語に変更する機能、外国の通過に対応できる機能などを付けることができます。

no.2

使える機能があるか

対応する業種のものを選んだら、その特別な機能がどれくらいあるのか、実際に使えそうな機能があるのかを比較します。飲食店であっても、メニューやお店の規模によって使わない機能はあるでしょう。また、お店の方針で予約を受け付けていないという場合もあります。そういったことを考えて選ぶようにしましょう。使いたい機能が別料金になっていないかのチェックも大切です。

no.3

カスタマイズのしやすさ

タブレット型POSレジを導入するときはカスタマイズのしやすさも重視しておきましょう。このタイプのPOSレジは一般的な機能のアプリをインストールして使うことになるので、一つ一つのお店や会社に合わせて細かいカスタマイズをすることができないことが多いです。より使いやすくなるようカスタマイズできるかどうかも確認をしましょう。

広告募集中