ロゴ

機能的なPOSレジの特徴とレジの種類を知ろう

お会計のためのレジは多様化している

スーパーや飲食店、コンビニや洋服店などで目にするレジには2つの種類があります。金額の集計ややりとりの記録を行い、不正を防止することができる一般的なレジをキャッシュレジスターといいます。大きな機械型だったキャッシュレジスターは時代とともにパソコンやタブレット、クラウド型などに形を変えてきました。

POSレジとは何か

レディ

キャッシュレジスターとPOSレジ

お店を立ち上げようとしたときにはレジが必要になります。売り上げや金銭のやり取りを記録するだけであればキャッシュレジスターを導入するといいでしょう。しかし、最近ではより高機能なPOSレジというものも普及しています。より業務を効率よくしたいというときはPOSレジも検討してみましょう。

POSレジでできること

POSレジはキャッシュレジスターとどういったところが違うのでしょうか。金額の動きを記録するキャッシュレジスターに、より高度な分析機能などが加わったのがPOSレジです。いつ、何が、どれくらいの数量売れたのかをリアルタイムで反映させることができます。

POSレジの種類

POSレジには主に4つのタイプがあるので店頭に置くときにはどれが一番いいのか検討しましょう。
・ターミナル型POS
コンビニなどでよく見られるレジ専用の機械として独立しているもの。
・パソコン型POS
パソコンにPOSのシステムをインストールして、周辺機器をそろえてレジにしたもの。
・ハンディーターミナル型
飲食店でよく使われる小型の端末で注文をするタイプのもの。
・タブレット型POS
スマートフォンやタブレットにPOSのアプリをインストールして使用するもの。

カメラ機能もレジに大きな変化を与えた

技術が進歩したことでキャッシュレジスターやPOSレジはいろいろなタイプに多様化しています。そんな機能の一つがカメラでの商品の読み取りです。カメラで商品の見た目をバーコードでスキャンさせることで金額の集計が簡単に行えるというものです。この機能のお陰でセルフレジが実現し、それを導入した企業の人件費削減に繋がっているのです。また、現金やクレジットカード以外のICカードでの支払いもレジの新しい機能の一つだといえるでしょう。

POSレジのメリットがわかる記事

レジ

POSレジのメリット

POSレジにはさまざまな種類があり、機能も充実しています。例えば、リアルタイムで商品の在庫や金銭のやり取りを確認することも可能です。最近では低価格で導入することができるPOSレジも増えているのです。また、タブレット型なら狭い場所でも利用することができます。

READ MORE

[PR]

レジアプリのノウハウを伝授。
経営が楽になりますよ。

新着情報

広告募集中